ビジレスPassportV25ヘルプ      7 印 刷
1ファイル操作
2ファイル作成
3入力確認
4編 集
5計 算
6ダイアログ
7印 刷
8システム設定
7 印 刷
Cコマンド一覧表

PE 指定したレイアウトでファイルを印刷

					  
読み方:  ピー・イー

書式 :  PE
     PE <レイアウトファイル指定>[,横並べ数][,縦並べ数]
 
     レイアウトファイル指定…ダイアログエディタで作成したレイアウ
				 トをファイル名又はファイル番号で指定				 

     横並べ数:横並びで印刷する数 省略時は 1
          
		  -1  = 用紙に印刷可能な数だけ横並べ  
          
     縦並べ数:縦並びで印刷する数 省略時は -1

          -1 = 用紙に印刷可能な数だけ縦並べ            
                      
例    :  PE "成績表"	 : 成績表.BDLのレイアウトで印刷します。
                             
     PE "個票",3,2	 : 個票.BDLのレイアウトで横3×縦2つづつ印刷
                          します。

解説  : 縦並べ、横並べ共に用紙に印刷可能な数を超える指定をしたときは
     印刷可能な最大数を指定したとみなされます。

     1つのレイアウトファイルの大きさは、レイアウトファイル中のす		 
     べての部品を含む最小の矩形の大きさになります。レイアウトファ
     イル中でこの大きさを明示的に指定したいときはレイアウトの大き
     さとなる「外枠を表示しない飾り枠」ですべての部品を括ってくだ
     さい。

PPE PEコマンドのプレビューを行う


読み方:  プレビュー・ピー・イー

書式 :  PPE
     PPE <ファイル指定>[,横並べ数][,縦並べ数]

解説  : PEでの印刷イメージが画面に表示されます。それ以外はPEと同じ
     です。	

PXE データの前後にレイアウトを付加して印刷


読み方:  ピー・エックスイー

書式 :  PXE <メインヘッダファイル指定>[,<サブヘッダファイル指定>]
       [,<サブフッタファイル指定>][,<メインフッタファイル指定>]
 

     ヘッダ/フッタファイル…ダイアログエディタで作成した枠レイアウ
            	  トファイルをファイル名又はファイル番号
       			  で指定します。ヘッダ/フッタファイル指
                              	  定を省略したときは、そのヘッダ/フッタ
				  は印刷されません。

【配列イメージ】・処理イメージとしては、PF10の各ページの印刷データの
		 前後にPEコマンドのレイアウト枠と同様のヘッダ/フッタ
		  を付加したものです。

  		・各ページは、以下の順に印刷されます。
   		 先頭ページ:メインヘッダ,データ,サブフッタ
   	     途中ページ:サブヘッダ  ,データ,サブフッタ
   		 最終ページ:サブヘッダ  ,データ,メインフッタ

        ・メインフッタが大きくて最終ページのデータの後ろに印刷で
	     きないときはサブフッタが印刷され、その次にメインフッタ
         のみのページが印刷されます。

        ・先頭ページ1枚だけで印刷できる場合は、メインヘッダ,
         データ,メインフッタという形で印刷されます。         
    
例    :  PXE "在庫品"	:  在庫品.BDL のレイアウトをメインヘッダとして
                            データを印刷します。


     PXE "請求書",,,"請求額"     : 請求書.BDLのレイアウトをメイン
				         ヘッダとしてデータを印刷し、最
					 後に請求額.BDLをフッタとして印
				         刷します。

解説  : ヘッダ/フッタの印刷時のサイズは、レイアウトファイル中のすべて
       の部品を含む最小の矩形の大きさとなります。
     また、ヘッダ/フッタは、データ枠に接して印刷されますので、ヘッ
     ダ/フッタとデータ枠を離して配置したいときは、レイアウトファイ
     ル中で「外枠を表示しない飾り枠」ですべての部品を括り余裕部分を
     とります。

PPXE PXEコマンドのプレビューを行う


読み方:  プレビュー・ピー・エックス・イー

書式 :  PPXE <メインヘッダファイル指定>[,<サブヘッダファイル指定>]
        [,<サブフッタファイル指定>][,<メインフッタファイル指定>]

解説  : PXEでの印刷イメージを画面に表示、それ以外はPXEと同じ。     

PRTSET プリンタの機能設定


PRTSET "DIRECTION"  プリンタの用紙方向を設定

読み方:  ディレクション

書式 :  PRTSET "DIRECTION",n
    
  	     n=0 用紙の向き 横
  	     n=1 用紙の向き 縦


PRTSET "SKIP"  空行をスキップする/しない

読み方:  スキップ

書式 :  PRTSET "SKIP",n
    
  	     n=0 PEで空行も印刷する  (起動時は、0に設定) 
  	     n=1 PEで空行は印刷しない


PRTSET "PAGE"  PF, PDコマンドでページ数を印刷する/しない

読み方:  ページ

書式 :  PRTSET "PAGE",n
    
  	     n=0 ページ数を印刷しない 
  	     n=1 ページ数を右上に印刷する
  	     n=2 ページ数を下中央に印刷する

補足 :  この設定は、「印刷パラメータ設定ダイアログ」に反映します。


PRTSET "TITLE"  PF, PDコマンドでタイトルを印刷する/しない  

読み方:  タイトル

書式 :  PRTSET "TITLE",n
    
  	     n=0 タイトルを印刷しない 
  	     n=1 タイトルを先頭ページのみ印刷する
  	     n=2 タイトルを全ページに印刷する

補足 :  この設定は、「印刷パラメータ設定ダイアログ」に反映します。


PRTSET "SELECT"   使用プリンタを切り替える

読み方:  セレクト

書式  :  PRTSET "SELECT", "プリンタ名"

解説  :  「プリンタの設定ダイヤログ」に表示されるプリンタ名を指定します。
	    プリンタ名は、Windows に登録されている名前を正確に書く必要が
            あります。

例    :  PRTSET "SELECT","EPSON PX-A640"

PFONT 印刷のフォント設定


機能 :  「ファイル(F)」-「印刷条件の設定」-「印刷フォント」での設定値
    	 を変更します。

読み方:  プリントフォント

書式  :  PFONT[<フォントサイズ>][,<フォント名>]
        [,<イタリック指定>][,<ボールド指定>]


     フォントサイズ…ビジレス起動時の、印刷フォントは「MS 明朝」
              11ポイントフォントになっているので、ポイント
             数はそのまま変更できます。但し改行ピッチは変
             化しないので、印刷時にピッチを指定したい場合
	         あらかじめ行間ピッチを0に設定しておきます。
	
     フォント名… 使用する機械にインストールされているフォント名
            を指定します。
  		
               
     イタリック指定…指定するとき 1  (指定しないとき省略)

     ボールド指定 …指定するとき 1  (指定しないとき省略)

例    :  PFONT 18, "MS 明朝",,1  :印刷フォントを「MS 明朝」の
                     18ポイントボールドに設定します。
 

      7    TOP